2018ロシアW杯の開幕戦はカウントダウンし、一緒に11つ主催シティが見ましょう~

1、モスクワ

イメージ写真はロシア首都モスクワの都心部にある赤の広場である。クレムリン宮殿もとても有名な観光地です。

モスクワはロシアの政治、経済、文化、交通センターですが、‘森首都’の美称がある。2018年W杯主催シティの1つです。主催スタジアムはSpartak StadiumとLuzhniki Stadiumです。

2、カリーニングラード

イメージ写真はカリーニングラードにある観光地のカリーニングラード琥珀博物館です。カリーニングラードは世界有名な‘琥珀都市’です。

主催スタジアムはKaliningrad Stadiumです。

3、サンクトペテルブルク

イメージ写真はロシアの第二シティサンクトペテルブルクにあるカザン聖堂です。

ロシアの第二シティとしてのサンクトペテルブルクは歴史雰囲気たっぷりな都市です。サンクトペテルブルクは1703年に創立され、300年以上の歴史を持つ。2018年W杯主催シティの1つです。主催スタジアムはSaint Petersburg Stadiumです。

4、カザン

イメージ写真はカザンにある世界文化遺産のカザン・クレムリンです。

カザンはタタール民主自治共和国の首都で、ヴォルガ川中央区にある経済、運輸、文化の中心であり、ロシア第八都市です。

主催スタジアムはCentral Stadiumです。

5、ニジニ・ノヴゴロド州

イメージ写真はニジニ・ノヴゴロド州にある観光地チカロフ階段 にです。

ニジニ・ノヴゴロド州は社会主義リアリズム手法の創始者であり、社会活動家でもあったマクシム・ゴーリキーの故郷です。

主催スタジアムはNizhny Novgorod Stadiumです。

6、サマーラ

イメージ写真はサマーラ州にある観光地クビシェフ広場です。

主催スタジアムはSamara Stadiumです。

7、ヴォルゴグラード

イメージ写真はヴォルゴグラードにある観光地スターリングラード攻防戦記念館です。

主催スタジアムはVolgograd Stadiumです。

8、サランスク

イメージ写真はサランスクにある観光地Cathédrale Orthodoxe Russeです。

主催スタジアムはMordovian Stadiumです。

9、ロストフ・ナ・ドヌ

イメージ写真はロストフ・ナ・ドヌにある観光地ネロ湖です。

主催スタジアムはRostov-on-Don Stadiumです。

10、ソチ

イメージ写真はソチにある観光地ソチ植物園です。ソチは2014年冬季五輪大会の主催地です。

主催スタジアムはFisht Stadiumです。

11、エカテリンブルク

イメージ写真はエカテリンブルクにある観光地Church of All Saintsです。

主催スタジアムはYekaterinburg center stadiumです。

2018ロシアW杯11つ主催シティは以上です。皆さんはW杯を観戦するついでに、ロシア観光もできるし、そうしたら以上11つシティ主な観光地まとめは皆さんにご参考かもしれない~

2018ロシアW杯観戦ユニフォーム、サポート服などを購入したい方はぜひこちらへ~

2018ロシアW杯主催シティ一覧

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です